着こなしがセールに関係なしの安さ |

落合正勝氏のご冥福をお祈いたします。モダン・クラシックを構成する要素である、スーツ・ネクタイ・シャツ・靴等の各アイテムの質の見分け方や、着こなし方、手入れの方法について詳しく書かれています。。

下記の商品です♪

2018年01月07日 ランキング上位商品↑

着こなし男の服装術新版 スーツの着こなしから靴の手入れまで [ 落合正勝 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

本当の服装の基本がわかりやすく書かれています。基本はクラシックです。フォーマルウェアについての色々な情報が詰ったすばらしい一冊です。今度スーツを作る予定なので勉強中です。そしてそれは本当に格好悪いものです。こちらで基本を勉強したいと思います。私は靴が大好きですので!まず靴から!と言う著者の言葉に大きく共感しました。シャツや小物を購入するときも!とても参考になります。自分なりにスーツにはこだわりを持っていたのですが、誤っていたりある企業のスタイルに固執していたりと、自分のスタイルの過ちに気づくことができます。クラシックなスーツスタイルを目指す者にとってのバイブルと言えるでしょう。ただし、当然ながら残念な部分もあります。ファッションに造詣の深い方が読まれると作者の持論への理解は様々だと思いますが!一読の価値はあると思います。著者の方が他界してしまい非常に残念です。読んでとても勉強になりました。このためこの本だけで自分のスタイルを固めてしまうのは、言葉の表面だけを追う危険性も孕みます。ただし!この本に記載されている表層を鵜呑みにし!全てのアイテムを揃えると軽く100万円以上は掛かることは覚悟しなければなりません。カジュアルな場面での服装は彼の好みを自分でお好きなように・・・と思いますが、フォーマルな場面やビジネスシーンでのスーツをどのように購入するか、読んでから売り場に行くと全然違ってきますね。先頃、亡くなった落合氏の著作です。ところが読んでいくうちに、手元に置いておきたくなり購入してしまいました。靴の手入れの仕方など!さすがにこだわりのある著者だけに「そのウンチクたるや納得!の領域」にある。服装に対する信念の持ち方を教えてくれるという意味で!読むに値する本だと思います。若いうちはこの本通りに……とは行かないと思いますが!いずれこの本を参考にして色々揃えてみたくなりました。スーツの基本的な着方が分からない新社会人も、格好良くスーツを着こなしたい中堅の30代も、旦那が会社で恥を掻かないようにコーディネートしてあげたい奥様にも、自分に自信を取り戻したいお父さんたちにも、とにかく一度は読んでいただきたい一冊です。著者は靴だけはケチってはいけないといっているが!私も最近理解してきました。持っていても損は無い一冊です。服飾系の職に就かれている方は特に役に立つ一冊です。カジュアル編も!この本を読み終えた翌日に書店で購入して読みました。 勉強になりました!靴の選び方、靴の手入れの仕方、スーツの選び方、ネクタイの選び方、シャツの選び方、どれを読んでも、「なるほど」と思わせる内容である。自信満々に職場の女の子に声を掛けているイケメン君が、実は、とんでもなく滅茶苦茶な、恥ずかしいスーツの着方をしていることが分かります。流行にとらわれない!クラシックスタイルを学んでいくには最良の書と思います。とってもおすすめです。この本で教えられる一番重要ことは「クラシックのBest」を知り!「自分にとってのBest」を探すことです。・クラシック以外の内容が手薄・写真が少ないという点です。できればもう少し絵が多くても。人は見た目が9割。故人のクラシックに対する考えが、歴史に基づき理論的に展開されています。この「基本」を知らずに着ているいつものスーツが!いかに着こなせていないかが自覚できると思います。一読をお勧めする。社会人は一度目を通しておかれたほうがいいと思います。参考になる本です。スーツの歴史!素材などなど!これまで服飾について学んだことが無かったのですが!知識を得ると!旦那様のスーツをどのように手入れすればよいか?がわかりました。どちらも勉強になります。。オススメです。クラシックなスーツスタイルについて!これほどわかりやすく書かれた本を他に知りません。この本は紳士の服装のクラシックとは何かについて書かれた本です。とはいえ、信念を持つための基礎としては非常に有用です。年相応の服装をしなければと購入。スーツを着る機会のある方は、必読だと思います。シャツと靴に少しばかり投資してみようと思い!ガイドブックとして図書館で借りました。いままで知らなかった事が沢山ありました。「目から鱗」ですよ。髪型やスーツには気を使っていても!靴はクタクタという人が本当に多い。。男なら必読です。この本は単なるガイドブックではありません。紳士服にお金を掛ける前に、一度は目を通しておく必要がある本であると思います。服飾を通じて男の生き方の一つを提示しているように思えました。「基本的なスーツの着方」が分かります。なお、私は同人誌を描くための資料として購入しました(笑)細かい図解、分かり易い文章なので、漫画や小説の資料(というか、スーツを書く為の基礎知識)としても使えますよ★大変勉強になりました。結婚を期に!これまで興味の無かった紳士服について勉強せねば・・・と思い立ち!読み始めました。某ブログで話題になっていたので読んでみました。この本を読めばフォーマルな場での服装については迷う必要がなくなり、他人に語ることのできる程度には紳士服等についての知識も得られることでしょう。買い物をする時の視点が変わり、ファッションをより一層楽しめると思います。